☆上野貴子の俳句でおしゃべり☆彡 【十三夜ですね?!?】NBSAcademy便り

おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
    ・
    ・
秋の深まる頃となりました。
そろそろ紅葉の便りが楽しみです。
そんな十月半ばの18日は
「十三夜」なんです。
     ・
    ・
「十三夜」???なんだっけ?
という方多いですよね。
十五夜様は知ってるけど
いつだっけ?
8月?9月?
なのに「十三夜」???
    ・
    ・
これは現代では
当たり前の疑問です!
俳句では「十五夜」「十六夜」「十三夜」
勿論、秋の季語です。
「月」と言えば俳句では秋の季語の代表!
一年の内で月が一番美しい頃が「秋」
と言われています。
そして中でも更に最も美しい「十五夜」
中秋の名月ですね。
これは今年は9月21日でした。
そして「十六夜」はその次の日の
恥じらって昇る月のことです。
さてでは「十三夜」とは???
これは、今年は今日に当たります。
    ・
    ・
「十三夜」は「後の月」と呼ばれ
十五夜からちょうど1ヶ月後の
9月13日を「十三夜」と言います。
けれどの新暦では太陽暦ですので
旧暦の8月15日は今年は9月21日
1ヶ月後の「十三夜」は今年は今日に当たります。
これはややこしいので
毎年確認するしかありません。
    ・
    ・
よくお月見は「十五夜様」と「十三夜」と言われる
「後の月」と二回できると縁起が良い
と言われています。
これは、秋は天候が不順で
災害の多い季節なので
そんな季節に2回もお月見が出来たら
きっと気候も良く縁起が良い
ということのようです。
    ・
    ・
あまり知られていませんが
実は秋のお月見はもう一回あって
ちょうど3ヶ月の内の
3回のお月見と言われています。
これは「十日」と言われる
収穫を祝う土地の神様のお祭りだったようです。
各地にその風習は今でも残っている
と言いますがあまり聞きませんね。
それでも日本に古くから言い伝えられてきた
お月見の風習のひとつとして
残っている地方もあるようです。
    ・
    ・
それでは、2000年から2010年までの
10年間をまとめました俳句日記から
今日は2003年8月の俳句をご鑑賞ください。
    ・
    ・

【2003年8月の俳句抜粋】

8月 1日 金曜日 晴 雨傘も日傘も同じ流行かな 8月 5日 火曜日 晴 すぐそこに秋が来ている星の夜 8月16日 土曜日 曇(奥入瀬渓谷) 木漏れ陽の谷を下れば出会ひ橋 8月17日 日曜日 曇 旅終わり秋の気配の町へ着く 8月21日 木曜日 晴 息をつくその間につくつくぼふし鳴く 8月22日 金曜日 晴 泣き顔は童の如き夕月夜 8月25日 月曜日 晴 秋の空つかみどころのなく澄めり 8月31日 日曜日 晴 朝顔に静かな時をもらひけり     ・     ・ ★ショートポエムコレクション https://shortpoemcollection.jimdofree.com/ ★俳句記念日 https://haikukinennbi.jimdofree.com ★「おしゃべりHAIKUの会」句会情報 https://nbsacademy.jimdofree.com/%E5%8F%A5%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%A0%B1/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ワクワクドキドキのライブ配信の楽しさはこちらの「俳句TV」再放送からご覧ください。
★俳句TV「エンジョイ俳句ライフ」
https://www.facebook.com/haikutv/
新型コロナウイルスについての情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

 

2021年10月17日 | カテゴリー : 俳句 | タグ : | 投稿者 : 志水めぐみ