☆上野貴子の俳句でおしゃべり☆彡 【晩秋から初冬へ!?!】NBSAcademy便り

おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
    ・
    ・
もうすぐ12月です。
12月が来るとすぐにクリスマス。
町中がサンタクロースの夢を見る
そんな素敵な季節ですね。
東京では銀杏が色づき
はらはらと舞い落ちる
黄葉且つ散るのがこの時期です。
    ・
    ・
俳句では、「黄葉且つ散る」は秋の季語ですが
年々夏が長く秋が短くて
都内では冬が紅葉シーズンですね。
真っ赤に色づくもみじが
晴れた空に色鮮やかに見えます。
けれどもこのところの
温暖化の影響なのでしょうか?
遅い秋には枯色が混じります。
    ・
    ・
枯色、鈍色、褪色、というような
冬の木の葉の色が
晩秋の紅葉に混じりさまざまな色合いを
かもしだしています。
そこへ色を変えない松の木のような
緑色も混じり錦織りなす美しさです。
    ・
    ・
東京ではもみじよりも
銀杏が美しく
黄色い並木道が良く見られますね。
街路樹が黄色く色づくと
もう北風が吹きだしてきます。
そして、木枯しが吹き始めると
銀杏の葉も散り始めます。
自然のサイクルの不思議さですね。
    ・
    ・
晩秋の東京には
朝晩の冷たい風が吹き始めて
やはり冬を感じます。
晩秋から初冬には
町中が模様替えをして
色鮮やかに燃え上がるようです。
暖かな家の灯りが
何よりのコロナ禍の冬が
またやってきますね。
    ・
    ・
それでは、2000年から2010年までの
10年間をまとめました俳句日記から
今日は2005年9月の俳句をご鑑賞ください。
    ・
    ・
【2005年9月の俳句抜粋】

9月 1日 木曜日 晴(二百十日) 七草のひとつの花の色忘れ 9月 2日 金曜日 晴 藤袴空き地へ抜ける垣の蔭 9月 4日 日曜日 晴 秋草の小道を走るサイクリング 9月 5日 月曜日 曇 秋の蝉背に降りしきる山の寺 9月 8日 木曜日 晴 萩白く涙こらへし朝の色 9月 9日 金曜日 晴 草の丈越ゆる桔梗の弾け咲く 9月14日 水曜日 晴 移り行く刻の満ち欠け夕月夜 9月20日 火曜日 曇 下宿屋の階段の下白粉花 9月28日 水曜日 曇 ポッケより去年の木の実落つるかな 9月29日 木曜日 晴 ゐのこづち踏み入る裏の駐車場     ・     ・ ★ショートポエムコレクション https://shortpoemcollection.jimdofree.com/ ★俳句記念日 https://haikukinennbi.jimdofree.com/ ★「おしゃべりHAIKUの会」句会情報 https://nbsacademy.jimdofree.com/%E5%8F%A5%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%A0%B1/ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ワクワクドキドキのライブ配信の楽しさはこちらの「俳句TV」再放送からご覧ください。 ★俳句TV「エンジョイ俳句ライフ」 https://www.facebook.com/haikutv/ 新型コロナウイルスについての情報 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

 

2021年11月28日 | カテゴリー : 俳句, 講座 | タグ : | 投稿者 : 志水めぐみ