【花満開!?!】NBSAcademy便り

おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
   ・
   ・
今週は東京では
いよいよ桜が満開の極みですね。
桜が咲くと日本の春を感じます。
   ・
   ・
「桜」は春を代表する花で
俳句では「桜」といえば「花」と言われています。
そこで「花」が春の季語なんです。
花といえば桜の花の事をいいます。
   ・
   ・
桜はその美しさと
一斉に咲き一斉に散る潔さから
日本人に古くから親しまれて来ました。
江戸時代にはお花見として
八代将軍徳川吉宗の享保の改革で
飛鳥山がお花見の名所となった事をきっかけに
桜を愛でる行楽が大流行!!!
   ・
   ・
江戸時代の頃には
今のお花見の原型が出来ていたのです。
染井吉野がお花見の中心になり
関東ではちょうど春を知らせてくれる
人々の心の支えになるような
年度替えの節目の頃の
別れと出会いの思い出に
いつも桜の花がありますね。
   ・
   ・
梅から始まり
桃の節句があり
そして桜が咲く
こんな春からの美しい自然の贈り物です。
   ・
   ・
そんな、春爛漫の花の頃には
お釈迦様が産まれたという
お花祭りがあります。
4月8日になります。
この日には境内に
小さな花見堂が立てられて
お釈迦様の誕生を祝う
「仏生会」が行われます。
俳句では、勿論、春の季語です。
他に「降誕会」「誕生会」「花祭」
などと云われます。
   ・
   ・
小さな可愛らしいお花で飾られた
お釈迦様の像の祀られた
お堂は水盤に安置されてあり
甘茶と言われる五色の水を
釈迦像の頭の上に注ぐようになっている。
   ・
   ・
まさしく日本の春の訪れを告げる
花のお堂はお釈迦様の誕生を祝う
桜の花の下の花祭りです。
忘れかけていた日本の美しさを
ちょっと思い出させてくれる
素敵な花御堂です。
少し気を付けてみると
寺院の片隅に可愛い花御堂が
この時期にだけ祀られている姿が
実際に見れるかも知れませんね。
   ・
   ・
まだまだコロナ禍で自粛花見の今年ですが
どうかコロナ禍が収まりますよう
お花に囲まれたお釈迦様にお祈りします。
   ・
   ・
★俳句記念日
https://haikukinennbi.jimdofree.com
★ショートポエムコレクション
https://shortpoemcollection.jimdofree.com/
★「おしゃべりHAIKUの会」句会情報
https://nbsacademy.jimdofree.com/%E5%8F%A5%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%A0%B1/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ワクワクドキドキのライブ配信の楽しさはこちらの「俳句TV」再放送からご覧ください。 ★俳句TV「エンジョイ俳句ライフ」 https://www.facebook.com/haikutv/
★ラインの公式アカウントが出来ました。以下のURLから登録できますので タップしてみてください♪ https://lin.ee/UY7VIpw
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 新型コロナウイルスについての情報 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html


2022年4月3日 | カテゴリー : 俳句, 講座 | タグ : | 投稿者 : 志水めぐみ