☆上野貴子の俳句でおしゃべり☆彡 【9月9日は重陽の節句?!?】NBSAcademy便り

おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
   ・
   ・
早いものでもう九月です。
九月には重陽の節句がありますね。
9月9日は9の奇数が重なる
お目出度い「重陽の節句」
昔は菊祭りと言いました。
   ・
   ・
俳句では「重陽」で秋の季語です。
他に「菊の節句」「菊酒」「菊の日」などなど
九は陽数の中で一番大きな数字ですね。
その九が重なる日ということで
9月9日を「重陽」といいます。
数字では奇数が陽数で偶数が陰数と言われます。
奇数が縁起が良いとされていて
九の奇数が重なる五節句の一つが重陽です。
   ・
   ・
この日には菊の酒を飲み祝うといいます。
菊には昔から不老長寿の効能がある
そう言われていて
未だに菊は食用のものが売られていますね。
香りもよく菊はお刺身の飾りに
いつも添えられています。
   ・
   ・
今ではプラスティックの飾りですが
以前は菊の香りが魚の生臭さを消してくれて
効能が強いと信じられ
黄色い菊の花をそのまま添えていました。
情緒がありますね。
   ・
   ・
今では、食用の菊の花を
お酒に浮かべるくらいが手軽で
風情が味わえる気軽な方法です。
お正月には何かと飾り付けに使われますが
やはり菊が自生するのは秋です。
   ・
   ・
菊は秋の代表的な花ですね。
勿論、俳句では秋を代表する季語です。
野山に自生する菊の花は
とても可憐で美しいです。
   ・
   ・
この頃ではお仏壇の供花が
一番需要が高いのかもしれませんが
菊の花をお墓やお仏壇に飾るのも
この後に秋のお彼岸が来る頃だから
ちょうどよいのでしょう。
   ・
   ・
菊はどこか古風な重陽の節句のシンボルです。
菊のお酒を飲みながら月を愛でる
そんな風情のある風流な宴が開けたら
万葉の平安貴族のようで素敵ですね。
時間が逆戻りしたような
不思議な古の絵巻物に迷い込んだ様な
古風な趣を感じられる重陽の節句は
2022年は今週の金曜日となります。
   ・
   ・
★ショートポエムコレクション
https://shortpoemcollection.jimdofree.com/

★「おしゃべりHAIKUの会」句会情報 https://nbsacademy.jimdofree.com/%E5%8F%A5%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%A0%B1/
★俳句記念日 https://haikukinennbi.jimdofree.com
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ワクワクドキドキのライブ配信の楽しさはこちらの「俳句TV」再放送からご覧ください。 ★俳句TV「エンジョイ俳句ライフ」 https://www.facebook.com/haikutv/
★ラインの公式アカウントが出来ました。以下のURLから登録できますので タップしてみてください♪ https://lin.ee/UY7VIpw
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 新型コロナウイルスについての情報 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html


2022年9月4日 | カテゴリー : 俳句 | タグ : | 投稿者 : 志水めぐみ