☆上野貴子の俳句でおしゃべり☆彡 【みどりの風?!?】NBSAcademy便り

おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
    ・
    ・
五月も半ばを迎え心地よい季節です。
今年は五月が第五週までありますね。
何だか得をしたような
同じ31日なのに
ほんの1週間、たった1日の違いが
こうも大きな違いに思えるのは
やっぱりコロナ禍のせいです!!!
こんな時代は早く収まって
少しでもあたりまえの日常が
戻って来てほしいものです!!!
    ・
    ・
「風薫る」「五月晴」「聖五月」などなど
俳句では五月と言えば、以外にいい季節なんです!!
「五月雨」という言葉がありますが
これは五月の頃の長雨ですね。
丁度この頃のはっきりしない
何時までも降ったりやんだり
小雨かと思えば豪雨といった
梅雨の前の初夏の雨をいいます。
この頃には実際には青梅が実り
旧暦では梅雨の頃になりますが
今の暦ではまだまだ梅雨には早いです。
    ・
    ・
こんな晴れた日の青空が美しく
みどりが鮮やかに早緑から
生い茂る緑へと変わる頃には
青葉若葉がキラキラと
梢からのみどりの風を輝かせています。
これは初夏の一番美しい光景では無いでしょうか?!
    ・
    ・
俳句では、「緑」「新緑」他にも
「緑さす」「緑夜」「緑雨」
などといい、勿論、夏の季語です。
緑が美しく輝き出すと
いよいよ夏が来たのだ!!!
ということですね。
    ・
    ・
そんな言葉の中で
「みどりの風」という言葉があります
「緑風」とかいてりょくふう
と読みますが
初夏の青葉に吹く風のことで
まさに五月にぴったりですね。!!?
ところが、あまり季語としては
扱われていない言葉です。
俳句では「風薫る」という季語があり
その為に季語とはされていないのではないか???
もしくは「緑」だけで夏の季語なので
敢て「緑風」を季語と言わないのか????
その辺は定かではないのですが
兎に角、五月の頃の言葉として
もってこいの素敵な言葉だと感じます!!!
「みどりの風」「緑風」
風に色があるなんて素敵ですね。
    ・
    ・
新緑に吹くみどりの風が
私は風としては一年の内で一番好です。
野山の緑もこの頃から梅雨の頃にかけてが
一番輝き始めるといいます。
    ・
    ・
最近では毎年やって来る
この後の厳しすぎる猛暑の真夏より
心地よいちょうどいい季節ですね。
みどりの風はまさしく
万物のすべてが輝き始める
美しい五月の風ですね。
    ・
    ・
★俳句記念日
https://haikukinennbi.jimdofree.com
★ショートポエムコレクション
https://shortpoemcollection.jimdofree.com/
★「おしゃべりHAIKUの会」句会情報
https://nbsacademy.jimdofree.com/%E5%8F%A5%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%A0%B1/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ワクワクドキドキのライブ配信の楽しさはこちらの「俳句TV」再放送からご覧ください。 ★俳句TV「エンジョイ俳句ライフ」 https://www.facebook.com/haikutv/
★ラインの公式アカウントが出来ました。以下のURLから登録できますので タップしてみてください♪ https://lin.ee/UY7VIpw
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 新型コロナウイルスについての情報 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html


2022年5月15日 | カテゴリー : 俳句, 講座 | タグ : | 投稿者 : 志水めぐみ