☆上野貴子の俳句でおしゃべり☆彡 【早くも虹が出る?!?】NBSAcademy便り

おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
   ・
   ・
この時期は二十四節季では
まだ「清明」ですね。
「天も地もすべてのものが
明るく清らかな季節」
とされています。
まさに日本の春爛漫です!!!
   ・
   ・
そんな、清明の頃も
「穀雨」を控えて
そろそろ春の雨が降り始めて
大地を潤してくれます。
春の雨は気まぐれで
清明と穀雨の間には
意外にはっきりとしない
天気雨が降ったりします。
   ・
   ・
しかも、意外なことに
この春の雨のはっきりしないお天気には
虹が出やすいのです。
「虹」は俳句では夏の季語ですが
暦の上では
早くも四月の中頃には見られるようなのです!!!
意外や意外!!!
七十二候では「虹始見」にじはじめてあらわる
と言われているのです????
   ・
   ・
桜の頃の花冷えや
驚くほどの夏日が来たりする
春の変わり易い天候の表れで
何と虹が見られるのです!!!
   ・
   ・
なかなかこのことには
気が付きませんよね!!!
虹は現代では七色と言われていますが
その昔、江戸時代の日本では
虹は三色だと思われていました。
日本人は三が好きなのでしょうか???
まあ奇数は縁起がよいといわれますから
昔の人は三色に見えるといっていたのですね。
   ・
   ・
はっきりしない小雨の後に
そらがパァ~と明るく晴れるような
そんな時に虹が出るのです!!!
夏の夕立ちとは違い
春の優しい小雨は案外気まぐれです。
   ・
   ・
そんなちょっと憂鬱な気分を
美しい虹が空に架かることで
きっと昔の人も
心が癒されたに違いありませんね。
冬には見れない虹が初めて山野や
田んぼの彼方の大空に
いつの間にか架かり
いつの間にか消えてゆく
素敵な光景ですね。
   ・
   ・
東京では海を渡るレインボーブリッジ
がありますが
自然の目覚めを祝い
潤いを与えて育んでくれる
自然のなせる不思議な贈り物です!!!
   ・
   ・
これから日増しに暑くなり
また今年も猛暑がやって来る
大地が燃えるような激しい夏の
前触れなのでしょうか???
どこかで虹を見ることが出来たら
何だかラッキーで縁起がいい気がしますね。
   ・
   ・
夏を待てない江戸っ子には
この上ない大自然の恵みとなりますよう
コロナ禍の終焉収束を
春の虹にまでも
祈りたくなる毎日です!!!
   ・
   ・
★俳句記念日
https://haikukinennbi.jimdofree.com
★ショートポエムコレクション
https://shortpoemcollection.jimdofree.com/
★「おしゃべりHAIKUの会」句会情報
https://nbsacademy.jimdofree.com/%E5%8F%A5%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%A0%B1/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ワクワクドキドキのライブ配信の楽しさはこちらの「俳句TV」再放送からご覧ください。 ★俳句TV「エンジョイ俳句ライフ」 https://www.facebook.com/haikutv/
★ラインの公式アカウントが出来ました。以下のURLから登録できますので タップしてみてください♪ https://lin.ee/UY7VIpw
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 新型コロナウイルスについての情報 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html


2022年4月17日 | カテゴリー : 俳句 | タグ : | 投稿者 : 志水めぐみ