☆上野貴子の俳句でおしゃべり☆彡 【蛙が鳴く頃ですね?!?】NBSAcademy便り

おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
   ・
   ・
GWが明けましたね。
10日も続くと
少し怠け癖が付きそうですが
今年はまだコロナ禍なので
遊び疲れというほど翅を伸ばすことが
出来ないで「ステイホーム」のGWだった方が
意外に多いように感じます。
   ・
   ・
この頃になると野山では
蛙の鳴き声が聞こえてきます。
「蛙」は俳句では春の季語なのですが
不思議なことに七十二候では
5月5日頃からが「鼃始鳴」
「かわずはじめてなく」
蛙が鳴き始める頃とされています。
これは日本だと少し遅い感じがしますが
蛙には沢山の種類があって
「雨蛙」や「蟇・ひきがえる」や「蝦蟇・がま」「がまがえる」
などは俳句でも夏の季語なんです。
   ・
   ・
この頃から鳴く田んぼの蛙は
けろけろと軽い鳴き方と
げろげろという低い鳴き方が
入り混じったかんじですよね。
懐かしい田舎を思い出します。
東京ではさすがに蛙の声はしません。
   ・
   ・
その為でしょうか???
春の蛙が「蛙の子」なのか「蛙」なのか
「蝦蟇」なのかはよく解らないです。
それでも「お玉杓子」から「蛙の子」が
「蛙」になるまでの短い春の間が
そろそろ夏になると成長して
大きくなってくることは確かですね。
   ・
   ・
蛙は何年も生きられる動物で
冬には土の中などで冬眠します。
数年から10年以上生きるものもいるといいます。
案外、謎の多い動物ですが
愛嬌のある姿は昔から人間に好まれていますね。
   ・
   ・
特にこれから雨の多い季節になると
「雨蛙」が出てきて
人間に雨が降ることを教えてくれます。
緑の瑞々しい色が葉っぱの上で
ぴょんと跳ねる姿は
芭蕉翁だけでなくその昔からの
人気者だったことは間違いありませんね。
   ・
   ・
春から夏の田んぼに苗が植えられて
青々とし始める頃までの
晩春から初夏にかけては
まさに蛙の合唱が夕暮れの
田舎の風景です。
   ・
   ・
そろそろ蛙や蚯蚓が
田舎だけでなく都会の片隅に
姿を見せ始める季節になりました。
コロナ禍とはいえ
自然のサイクルには逆らえません!!!
これから夏らしく太陽が照り付けるまで
心地よい生き物たちの楽園が
どこかに潜んでいることに
気が付くことでしょう。
   ・
   ・
そんな都会の小さなオアシスが
気が付けば
通い慣れた道端のその足元に
隠れているかも知れませんね。
   ・
   ・
地球は人間だけのものではないことを
決して忘れてはならない!!!
新たな時代がやって来る
そんな気がしてなりません。
生き物たちの美しい地球を
大切に生きて行かなければなりませんね。
   ・
   ・
★俳句記念日
https://haikukinennbi.jimdofree.com
★ショートポエムコレクション
https://shortpoemcollection.jimdofree.com/
★「おしゃべりHAIKUの会」句会情報
https://nbsacademy.jimdofree.com/%E5%8F%A5%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%A0%B1/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ワクワクドキドキのライブ配信の楽しさはこちらの「俳句TV」再放送からご覧ください。
★俳句TV「エンジョイ俳句ライフ」
https://www.facebook.com/haikutv/

★ラインの公式アカウントが出来ました。以下のURLから登録できますので タップしてみてください♪ https://lin.ee/UY7VIpw
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 新型コロナウイルスについての情報 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html


2022年5月8日 | カテゴリー : 俳句, 講座 | タグ : | 投稿者 : 志水めぐみ