☆上野貴子の俳句でおしゃべり☆彡 【桜まさしく始めて開く?!?】NBSAcademy便り

おはようございます。
俳句作家の上野貴子です。
   ・
   ・
今年の桜の開花は
連休の3月21日でした。
ほぼ例年並みのようですが
昨年が早く今年は
意外に遅いのかも知れない
と予想のつかない
3月の初めでしたが
この時期になれば
七十二候では「桜始開」
さくらはじめてひらく
と言われる頃で
まさに桜が見ごろを迎えます。
   ・
   ・
これは皆さん良くご存じでしょうが
この桜とは染井吉野のことです。
染井吉野は
「江戸彼岸桜」と「大島桜」を
かけ合わせた江戸時代に作られた
新しい品種ですね。
   ・
   ・
この桜が日本中で
お花見の流行りをもたらした
と言われています。
   ・
   ・
勿論、もっと昔から
日本には桜はありました。
自然に咲く山桜が
近い品種でしょう。
   ・
   ・
太古の日本人は
桜の花と上り鮎で
秋の豊作を占っていた
という説があります。
桜の花には日本人に
元気を与えるような
癒してくれるような
優しさがありますね。
儚げで散る花びらが
お米のように見えるので
きっと秋の豊作を願う気持ちが
自然に沸いてきたのですね。
   ・
   ・
上り鮎には威勢のよい
生物の目覚めの象徴のような
命の息吹を感じて
昔の人は豊かな実りを
占う為に
今か今かと待ち焦がれていたに
違いありません。
現代でも解禁が待ち遠しい
人気の魚です。
   ・
   ・
春の自然の目覚めは
今も昔も秋の豊作を願う
人間に営みの始まりでも
あるのですね。
   ・
   ・
美しい大自然の目覚めの春に
桜はぴったりなはなむけです。
短い期間に美しく
一斉に咲く美しさは
江戸時代からと言いますが
太閤秀吉の時代にはすでにお花見が
盛大であったという説もあります。
   ・
   ・
庶民の多くに広がり
誰もが一年の始まりの記憶に
桜なくしては語れない
そんな日本の春を代表する
「桜の花」コロナ禍ですが
いよいよ見頃ですね。
   ・
   ・
★俳句記念日
https://haikukinennbi.jimdofree.com
★ショートポエムコレクション
https://shortpoemcollection.jimdofree.com/
★「おしゃべりHAIKUの会」句会情報
https://nbsacademy.jimdofree.com/%E5%8F%A5%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%A0%B1/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ワクワクドキドキのライブ配信の楽しさはこちらの「俳句TV」再放送からご覧ください。 ★俳句TV「エンジョイ俳句ライフ」 https://www.facebook.com/haikutv/
★ラインの公式アカウントが出来ました。以下のURLから登録できますので タップしてみてください♪ https://lin.ee/UY7VIpw
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 新型コロナウイルスについての情報 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html


2022年3月27日 | カテゴリー : 俳句 | タグ : | 投稿者 : 志水めぐみ